180128_「元気に暮らしなさい」_マルコ5:25-34

 

名前も伝えられていない一人の女性の主イエスとの出会いの物語だ。彼女は12年に渡り出血が止まらないという病に苦しめられてきた。恐らく生理による出血だと思われるが、その病の故に彼女は、「多くの医者にかかって、ひどく苦しめられ、財産を使い果たし」た。しかも、病は「ますます悪くなるだけであった」(26節)。

当時、生理期間中の女性は、汚れているとされた(レビ15:19以下)。女性の触れるものに汚れが移る。接触した人も汚れ、清めを必要とした。病の苦しみ、医者への不信感、経済的損失、汚れているという自己認識、人との接触を禁じられた12年を彼女の心はどんなであっただろうか。

クリスチャンで児童精神科医の田中哲さんは、人間の心が健やかに育つには、「社会性と対人行動」、「自尊感情と自己受容」、「自己統制による心理的な安定」という三つの柱が必要だと言う。言い換えると、「知らない人の中でも居場所を見つけて、人とつながる行動」、「自分に対する自信」、「うまくいかないことに直面しても跳ね返す力」ということだ。この三つの柱が人間の心の大切な土台となるというのだ。

長血を患っていた女性は、病の故にこの3つの柱が育ちづらい環境に置かれていた。居場所はなく、律法の規定よって自尊心も押さえつけられていただろう。はねかす力も育ちづらかっただろう。  そのような中で彼女は「イエスのことを聞いた」。そして「この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったのだ。この「いやし」という言葉は、ソーゾーというギリシャ語で、「救い」という意味を持つ。彼女はただ単に病気のいやしを求めたのではなく、彼女の置かれている状況からの救いを求めたのだ。

群衆に紛れ込み、イエスに近づく。相当の勇気を必要とする行動だ。ついにイエスの服に触れる。「すると、すぐ出血が全く止まって病気がいやされたことを体に感じた」(29節)病気が奇跡的に治った話ならここで終わる。しかし、この物語は「信仰による救い」の物語だ。だから話は続く。女性がイエスを求めた展開から、今度はイエスが彼女を探すことになる。女性は進み出て、主イエスにすべてを打ち明ける。すると主は、「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気に暮らしなさい」と言われた。主は、彼女のすべてを受け止め、包んでくださった。「娘よ」との呼びかけはそのように女性に響いたことだろう。彼女の求めていた救いは、イエスとの関係の中に成就したのだ。

「元気に暮らしなさい」は、口語訳では「達者でいなさい」とある。「達者」とは仏教用語で「真理に達した者」という意味らしい。キリスト者にとってはこっちの方がなかなか味わい深い訳のように思える。女性はイエスと別れた後の人生で変わらず困難なことがあったに違いない。だけども、彼女は真理なるイエスに出会った者として、イエスに「安心して行きなさい」と送り出された者として、「達者」に暮らしただろう。

愛する遠藤姉が天に召された。痛みを抱える人生でもあった。しかし、彼女は主イエスとの出会いの中で彼女は「辛抱」を知った。曰く「辛抱」とは、耐えることではなく、「辛い」ことが神の愛によって「抱かれる」ということだと。元気に暮らしなさい。

カテゴリー: 2018年, 礼拝説教 パーマリンク