国立のぞみ教会について

国立のぞみ教会について

国立のぞみ教会は1961年に設立された教会です。現在の場所に1964年8月、礼拝堂を献堂し、以来この地で礼拝を守り続けています。そしてこの地域の中で神様の愛を伝え、人に仕えることを大切にしています。

教会には国立市、国分寺市、府中市など近隣の市町にお住まいの皆さんが多く集まっています。私たちはオーケストラが色々な楽器があるからこそ豊かな音色になるように、一人ひとりが神様に個性を与えられ、神様に愛された存在であることを大切にしています。毎週日曜日は乳幼児から高齢者まで様々な世代の方が共に集い、一緒に礼拝を守っています。

カンバーランド長老キリスト教会について

国立のぞみ教会の正式な名前は、カンバーランド長老キリスト教会国立のぞみ教会です。 ちょっと長いですが、国立のぞみ教会のルーツを表しています。

カンバーランドは、アメリカ合衆国南部のテネシー州、ケンタッキー州に広がる地方の名前です。1810年に、その地方で誕生した教会なのです。 テネシー州ディクソンにあるモントゴメリー・ベル州立公園には、教会誕生を記念する丸太小屋と礼拝堂が建てられています。長老は、聖書の中に見出される教会役員の名称です。

カンバーランド長老キリスト教会は、アメリカ、コロンビア、ブラジル、中国、韓国、そして日本などに700以上の教会を形成しているグローバルな教会です。 神学校、大学、中学校、小学校、社会福祉施設なども運営しています。大阪女学院は、明治時代のカンバーランド長老キリスト教会の伝道活動から誕生したミッション・スクールです。

さらに詳しくお知りになりたい方は、カンバーランド長老キリスト教会日本中会のホームページをご覧ください。